Easter

娘の通っているキンディは、イースターの初日のお休み(NZではその日をGood Fridayと呼びます。)の前日が今学期の最後の日でした。
私の知っているイースターは、イエス様が復活されたお祝いをする日で、エッグハンティングをしたり、イースターエッグの形をしたチョコレートを食べたり、ホットクロスバンを食べたり・・・
そんなイメージでした。

でも、娘が初めて体験したイースターのお祝いは、それとはちょっと違いました。

e0153954_20231647.jpg


More
[PR]
# by mamemum | 2010-04-13 20:39 | シュタイナー

イースターバニー

毎週金曜日は、娘のキンディで行われているDoll Club にいっています。
これは、子ども達にママの愛情こもったお人形(シュタイナーで用いられるヴァンドルフ人形)を、みんなでお茶をのみながら楽しんで作りましょう、という集まり。

娘のために、このclubに参加しているのですが、イースター前はクラフトグループと合体して、イースターのぬいぐるみ作りの会になりました。
そして、私も初めて、イースターバニーとひよこさんを合わせて4つ作成。
このうさぎさんたちは、グッドフライデーの前の日に、キンディで行われるイースターマーケットで売られました。

私が作ったうさぎさんたち、誰のおうちにもらわれていったのかな・・・?

e0153954_1857291.jpg

[PR]
# by mamemum | 2010-04-04 18:58 | てしごと

まきまき

娘がキンディで覚えてきたこと。

それは、毛糸玉をくるくると作ること。

キンディでは、先生やサポートのお母さん達が毛糸を巻き直したり指編みしたりしながら、何かしら手仕事をやっています。そして、子どもはそれを見て自分もやってみたい!と思って進んで手仕事をやるのです。

娘のツボにはまったこの毛糸まきまき。
「ママー、けいとちょうだい〜!」といって、時間があったらまきまきとやっています。
e0153954_2034545.jpg



そして、それを使ってポンポン作りをするのが今の娘の目標。

今日も立派なまんまるの毛糸玉ができあがりました。



e0153954_205171.jpg

[PR]
# by mamemum | 2010-03-31 20:05 | てしごと

Harvest Festival

いよいよ、今年から娘のシュタイナーキンダーガーテンが始まりました。
通い始めて1ヶ月。
初めは週に2日だけの通園ですが、毎回とても楽しみにしています。

さて、先週は秋の収穫祭「Harvest Festival」がキンディで行われました。
家に実った果物や野菜、ハーブや木の実などをかごに入れて各自持っていき、それを近くの“シュタイナーハウス”と呼ばれる神智学協会の寄り合い所にみんなで歩いて持っていきました。
そこには、協会のおばあさまがいらっしゃって、子ども達に秋の実りの話を語ってくださいました。
さすがにその方も語り上手。呪文をみんなで唱えたり、おはしを一本ずつもって二人でカチカチ音を出したりしながら、とても楽しく語ってくれました。
そして、みんなの持ち寄った果物や野菜たちを、壇上に並べて自然の恵みへ感謝しました。
(日本のお盆のお供えのようでした。)

みんなの持ち寄ったものの色が美しかったこと!
写真を撮れなかったのが残念でなりません。

そして、園に戻ったら、行く前にみんなで作っておいたアップルクランブルをおいしく頂きました。

行き帰りの道では、先生達が美しい声でいろんな歌を歌いながらみんなで楽しく向かいました。
素敵な秋の収穫祭、来年のお祭りが今から楽しみです。

e0153954_138335.jpg

[PR]
# by mamemum | 2010-03-25 13:09 | シュタイナー

米粉マフィン

最近、米粉のお菓子作りを研究中です。

市販のお菓子を食べたいけど、食べられない。
だけど甘い物がやっぱり食べたい。
子どもみたいにそう思うわたしは、子どものために、というより自分のために、自分が安心して食べられるおやつを毎日せっせと作っています。

大変そうに見えるけど、子ども達と一緒に作るのも楽しいし、一緒に食べるのも幸せだし、いいことづくし。

今日のおやつは米粉にパープルクマラをふかしたものと、ココナッツクリーム、ヒマワリの種、ライスミルク、そしてゆであずきを入れて作ったマフィン。
色も娘の好きなほんのり紫色に染まりました。


e0153954_2041474.jpg

[PR]
# by mamemum | 2009-11-28 20:39 | おやつ

伝えたいこと

このブログを始めたきっかけ、それは自分で体験したことをちょっとでもいいので
一人でも多くの人に伝えたい、と思ったからでした。

でも、その伝えたいことは、今の世の中ではそれなりにがんばらなければいけないこと。
今の自分は意気込んで「がんばるぞ!」と思ってやっていることではないけれど、
そうなるまでにはいろんな葛藤や苦労がなかったわけではありません。

それでも、伝えたいことがあります。
でも、うまく表現できないので、少しずつ自分なりの言葉がまとまったら
こうやって自分のための覚え書きとして、残していきたいと思います。

いろんな価値観があり、人それぞれの考え方や捉え方があるから、押し付けたくはない。
だから、ひとりごとのようにして、ここに残したいと思います。

もし、ちょっとでも興味をもっていただけたらうれしいです。


e0153954_1948614.jpg



More
[PR]
# by mamemum | 2009-11-22 20:39 | マクロビオティック

Summer Festival

シュタイナースクールの夏の一大行事、サマーフェスティバルが先日の土曜日に行われました。
娘が4歳から通うことになっているこのシュタイナースクールは、ニュージーランド政府からの助成金が国内でも多い学校らしく、授業料も他のシュタイナースクールと比べてとても安いのですが、やはりファンドレイジングを大いに募らなければ成り立っていきません。
お母さん、お父さんの心のこもった手仕事のものを売ったり、
シュタイナーらしいキャンドルづくりや
木の実や貝のビーズで首飾りを作ったり、
フェアリークィーンのストーリーを聞いたり、
子どもだけで入れるカフェやバザール(お店)があったり、
ドラゴンの口の中でストーリーを聞いてドラゴンの歯(クリスタル)をもらったり、
自然素材でつくった様々なゲームをしたり・・・

保護者の力が集まったこの夢の国ようなサマーフェスティバルが、毎年のわが家の楽しみの一つです。
来年からは、私も裏方側になって参加です。
それも今から楽しみです。

今回は娘の年齢が一つ大きくなった分、より楽しめる素敵な一日となりました。



e0153954_9544132.jpg


More
[PR]
# by mamemum | 2009-11-18 10:01 | シュタイナー

クマラタルト

わたしは本来とても甘いものが大好きで、こちらに来た当初はおいしいマフィン、スコーン、クッキー、チョコレートとスイーツを好きなだけ食べていました。
それがまさか、砂糖(特に白砂糖)と小麦、乳製品にアレルギーが出てしまうとは、その頃には思ってもみないことでした。
だけど今となっては、これらの摂取しすぎに、体が悲鳴をあげていたのかな・・・と思ったりします。
もともと菜食中心の粗食で育ってきたわたし、急にリッチな食べ物を取りすぎたからでしょうか。。

そんなわけで、最近ナチュラルスイーツの本を入手し、それでお菓子作りを研究中です。
といっても、二人がいるのでなかなか時間はかけられませんが、甘いものが食べたくなったら、子どもたちのおやつとしても安心して与えられるものを作って子どもたちと一緒に楽しんでいます。

最近よく作っているのがクマラのタルト。
本ではサツマイモを使用しています。
このタルトにのせるクマラクリームが、クマラとrice milkだけなのに十分な甘みが出てとてもクリーミーなのです。
そして、タルト型が意外とおいしく、子どもたちもそこばかり食べています。

いつもはリンゴを100%のアップルジュースとドライフルーツで煮たものをのせていますが、この日はリンゴがなかったので、手っ取り早くレーズンで飾り付け。

見た目はちょっといびつですが、味はなかなか!
寒い季節のデザートです。

e0153954_19245878.jpg

[PR]
# by mamemum | 2009-07-29 19:25 | きせつのたべもの

Natrium Carbonium

わたしは出産後、アレルギー体質になってしまいました。
そして、産まれてきた息子もダニ、卵、乳製品、大豆などのアレルギーがあるようです。
わたしの場合は、アレルギーがとくに手に出ます。
指と指の間の水かきの部分からいつも始まり、ひどいときは手の甲まで広がって、水を触ることができないほどにまで悪化してしまいます。
そんな時期がここ数年続いていました。
だけど、どうしても化学的な薬では治したくない。
薬は表面的にはよくなったようにするけど、根本的な解決にはならないと思うから。
それに、どうしても母乳育児を続けたくて、薬は飲んだり塗ったりしたくないというこだわりがありました。

痛みが悪化しても、どうしてもこだわりたかった自然治癒療法。
生き物の体には、絶対に、傷を癒し病を治す力がそもそも備わっていると思ってきました。
そして、めぐりめぐって出会ったホメオパシー。
偶然、お友達の旦那様がホメオパシスであり、その方に診断をしてもらってきました。


e0153954_2019011.jpg



More
[PR]
# by mamemum | 2009-06-12 20:21 | ホメオパシー

シュタイナーのこと

シュタイナーとの出会いは、
まだ自分に子どもがいなかった頃、
ある本を読んで知ったときのことでした。

「わたしがここに行きたい!」というのが第一印象。
それから縁あってシュタイナー教育の盛んなアメリカで暮らすことになり、
そこでいろんな情報を聞いたりしました。

そして今度はニュージーランドへ。
ここで知り合った人がちょうどマクロビオティックとシュタイナーに詳しい方で
その方にいろいろ教えてもらうことができ、
さらに関心が深まっていったのです。
それからさらに詳しく本を読んだり、実際シュタイナースクールを見学に行ったりし、
シュタイナー氏の教育観、そして教育だけではなく、医学、農業、建築など、
生活や考え方丸ごとがつながっていることを知り、さらにひかれてしまいました。

シュタイナー教育というと、どうしてもアート系のちょっと変わった教育論、と思われがちですが、
ただ単に、
学問的なことよりも芸術的なことを大切にしている、というわけではなく、
「人間も宇宙の一部であり、自然とつながっている」
という根本的なことを大切にしているからこそ行われる教育であり、
人としての生活の仕方や考え方、生き方を学べる場所だ、と
わたしは考えています。

子どもたちにも、
人も動物も植物も、地球に生きている全てのものと共存していかなければいけないこと、
そして、自分の感じたこと、想像すること、考えることを大切にして
自信をもって生きること
を学んでほしいと思っています。

シュタイナー教育ってどんなもの?とよく聞かれることがあります。
まだわたしには、「こういうものだ」と一言で説明することはできませんが、
これから子どもたちと一緒に、シュタイナーの考えに触れ、一緒に学んでいきたいと思っています。

子どもが手にするもの、嗅ぐにおい、耳にする音、見る色、食べる味・・・
毎日の生活の中で感じるすべのことを一つずつ大切にしてあげれたら、
そして、四季の移り変わりや自然の美しさを瑞々しい感性で子どもたちと一緒に感じられたら、と
願ってやみません。


e0153954_2211296.jpg

[PR]
# by mamemum | 2009-06-01 22:02 | シュタイナー